野球ボールの豆知識

野球ボールの仕様

『​公認 野球規則』によると、

硬式野球ボールはコルク、ゴムまたはこれに類する材料の小さい芯に糸を巻きつけ、白色の馬皮または牛皮二片でこれを包み、頑丈に縫い合わせて作る。【注・我が国では牛皮のものを用いる】

また、硬式野球ボールは重さ、大きさなどには規定があり、その範囲で製造されることが定められています。

外周:229mm~235mm

 

重量:141.7g~148.8g

 

縫糸:綿糸16番手 10本撚り

 

ゴム芯:400㎝の高さから落下させ180~200㎝のバウンド

​野球ボールの構造

​硬式野球ボールは前述の通り、コルク、ゴム芯、羊毛、綿糸、革、縫糸で構成されています。

ゴム芯

各ボールの価格、品質の違いとしては毛糸や革の違いがあります。

天然ウールのボール

再生ウールのボール

牛革も部位によって用途が違います。

中でも背中の部位は張りがあり、しっかりとした手触りのボールが作れる為、主にプロや社会人の試合球等に使用されます。

一頭の牛革から『プロ・社会人・大学球』は約40球、『高校野球』は約50球、『練習球』は約65球ほど製造することが出来ます。

 

​株式会社 一光スポーツ

東京都豊島区高田 3-20-12

TEL : (03)5396-3481

FAX : (03)3987-2707

E-mail : baseball@ichiko-u.co.jp